原子力発電の研究者

 

 

でも、これからは、廃炉に向けた準備とか、別の角度での研究が早急に必要になってくるし、そういう技術者も必要だ。

 

人気がなくなったが、需要がある職業。

 

 

こういった職業は穴場であり、給料も良いだろうし、就職もしやすい。

 

 

こんな観点で仕事を選ぶのはどうだろうか。

シュフティ

シェフティという在宅ワーク・内職の求人募集、お仕事格安依頼ができるサイト。

http://www.shufti.jp/

いわゆる「主婦」を集め、在宅での仕事や内職をマッチングするサイトである。

 

これが結構ユーザー数も多く、また主婦が空き時間に仕事が出来るとうけているらしい。

 

こういったプラットフォームはどんどん増えてきているが、なかなか軌道に乗せるのが難しい。。

 

作ってもはじめは誰も見ていないし、ユーザー数を増やすにはやっぱり広告を出し、知ってもらう必要があり、それはお金がある程度必要ということと同義であることが多い。

 

実はプラットフォームはつくりよりも、普及させる方がはるかに難しい。

 

 

男性向けヘアケアの仕事

男性向けヘアケア

男性向けヘアケアの仕事というのがある。

ひらたくいうといわゆる、育毛、増毛、カツラ作成、ハゲ予防などである。

 

でもこの仕事、男ゴコロをくすぐる仕掛けで売上を伸ばしているのだと感じた。

 

 

まず、格安 or 無料で現状の頭髪の状況をチェックしてもらえる。

お店に行くと、他の男性客とは会わないように、考慮されており、スタッフは全員女性。

いやらしさは全く無いが、女性しかいないお店というのも少し異様な感じがする。

 

 

 

チェックしてもらった後は、問題ない人に対してもたいていは、予防策を薦めてくる。

 

ココで、女性しかいないということで、断りづらい雰囲気を出しているのかもしれない。

 

また、女性スタッフはうまい距離感で接してくれるので、非常に心地よくも感じる。

 

 

 

 

こういった心理的な仕掛けをつくっており、ビジネスの参考にしたいと感じたものだ。

 

あまり、表には表れないサービス業だが、結構儲かっているらしい。

 

 

 

 

 

オオクワガタの繁殖

オオクワガタ

ひとむかし前、オオクワガタの繁殖で儲けている人が話題になっていた。

 

大きいものは数十万円とかするらしく、それに便乗しようと試しにやってみた人も多かったようだが、だいたい失敗していた。。

 

やっぱり、儲けようと思って始めた人は、知識も浅いし、世話も適当になりがち。。

 

クワガタが好きで好きでたまらなくて、繁殖をしている人には知識もかなわないし、世話のこまめさもかなわないのである。

 

 

そんなに、誰でも簡単に儲けられたら何十万円もするクワガタなんて出て来ないだろう。

 

難しいからこそ、それだけの勝ちがあり、難しいからこそ、続けないと意味が無いし、好きじゃないと続けられないという、至極当たり前のことなのだ。

 

 

 

 

 

 

フォトクリエイトのビジネスモデル

フォトクリエイトという昨年上場した会社がある。

 

この会社は、「写真」を切り口にビジネスをしているのだが、ビジネスモデルがちょっと面白い。

 

 

通常、プロカメラマンを派遣する場合は、「カメラマンを○円で派遣しますよ」と企業へ売り込み企業とカメラマンの間に入ることで、売上を作る。

 

フォトクリエイトも、たくさん人が集まるイベントにカメラマンを派遣するが、主催者からはお金を取らない。

イベントへ無料でカメラマンを派遣する。

カメラマンはイベント参加者をたくさんとり、後日、写真をWebにアップする。

参加者が、その写真を購入するという仕組みだ。

 

主催者としては、お金がかからないし、むしろプロのカメラマンが撮ってくれるという付加価値を売ることが出来る。

参加者は、プロのカメラマンが撮った写真を購入することが出来るという、みんながWin-Winとなるビジネスモデルなのである。

 

フォトクリエイトとしては、参加者が写真を購入してくれないと売上にならないため、どれぐらい売れるかは、始めは未知数だっただろうが、流れ始めれば、とてもよく出来たビジネスモデルだと感じる。

 

 

このように、ちょっと頭をひねると、既存のビジネスのやり方を変えるだけで、面白いビジネスができるというのは、良くあることである。

 

面白いビジネス考えてみよう~。

ブロガー

ブロガー

一昔前は、ブログを書いて生計を立てるということが流行っていたが、いまだにそのような人はいるのも事実。

 

 

 

当時は、PV(アクセス数)をひたすら稼ぎ、年収1000万以上稼ぐなんて人もパラパラいたようだ。

 

PVを稼ぐためのいわゆる、つり記事と呼ばれる目立つためのタイトルをつけたりと中身の無い記事も多かった。

 

 

 

最近では、グーグルも日々進化しており、中身の無い記事は上位表示されにくくなってきた。

そのため、意味のない記事は上位に表示されにくくなってきている。

 

 

 

ブログで収益を上げるには、毎日コツコツ、600字~1000字ぐらいの記事を3ヶ月毎日書き続けていると、徐々に実を結んでいくといわれている。

 

 

文章を書くことが好きで、コツコツ毎日続けられる人は試しにやってみるのもいいかもしれない。

 

ブログを書くというアウトプットは、自分を表現するということであり、たいへんだ。

 

ただ、しっかりと書き続けていれば、アウトプットする力がついてきて、自分の仕事のスキルアップにもつながることもあるようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

佐川急便

佐川急便

昔は、お金を貯めようと思う人はよく佐川急便で仕事をしたものである。

 

マジで寝ずに働けば、年収1000万稼げたらしい。

 

 

でも最近は、世間の目が厳しく、コンプライアンスの遵守をしていかないといけないということもあり、以前と比べて、長時間働くことは出来なくなり、1000万稼ぐのは難しくなってしまったようだ。

 

 

お金を早く貯めたい人にとっては、自分が好きでたくさん仕事をしているのであり、まわりからとやかく言われる筋合いは無いのに、やはり企業は大きくなると各個人に任せるということも出来ないらしい。

 

 

 

せっかく、よい稼ぎ方法として確立されていたのにもったいない。

佐川急便としても、稼ぎたい個人としても両方とも不幸だし、こういうのがダメといっている人に限って、全く関係の無い人ということが良くある。

 

 

やりたいことのためにまずはお金を貯めるというのもアリだと思うんで、そういった観点で仕事を探してみるのも良いかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1 / 512345